u-carを処分する時のやり方にかかわる事を、このへんでくわしく見ていきましょう

中古の自動車を売り渡すときの段取りには下取と買取というのがございますね。下取りのケースというのは新しい自分のくるまのをゲットするかわり、いままでお乗りの使用した自動車を買い受けしてもらうというものです。大体は新車販売会社が引き取りをおこないますので売却額のほうはどちらかといえば低目に見られるケースが多いです。

他方、買取りのケースはくるま買取り専門の業者がおこなっていて、使用ずみの車という名目で売る事を予定に引き受け額を決めるため、結構高目の買受が期待できます。どっちにしてもユースドカーを売る事であり、売却をする前に買受け額を決定するための品さだめがおこなわれます。

品さだめをおこなう場合気になるのは「リサイクル料」です。使用した車の審査で示される値段というのはユースドカーそれ自体の金額、中古車に付いてくる自賠責保険やリサイクル料等プラスした額の二つの種類があります。リサイクル料についてはその使用していた車を購入した際、若しくはリサイクル料が未払いのケースでは車検を通した際に支払いとなりますので、今後中古の車を廃車にして解体する時必要なシュレッダーダスト、フロン類、エアバッグ類等々リサイクルする際の料金となって使用されます。リサイクル料は自動車リサイクルシステム(JARS)に預け入れることとなり、壊してしまう場合JARSから支払われることとなります。

その際の代金はおおよそ、軽自動車であれば8千円程、国産車の場合は1万円ほど、外国製自動車等だと15000円位、それとは別に2万円程度を入れる必要があります。たいていの使った車買上げですと、そうしたリサイクル料金を中古の車の引き取り金額とは他として買い取りされる事になるのですが、リサイクル代金を入れて買取額としているケースも有り、引受を希望というケースではあらかじめ確認しておくということが肝心です。