中古の車の買取については分割金の終了前だったケースでもいいの?理解しておきましょう

マイカーの買取ショップに診断を頼んだものの、分割金を残したままであるといったケースもあり得ますよね。そんな時には、その売る予定の使用していた車の名義が自分になっているのか別な方であるのかをまずチェックしておく事が求められます

実際、名義に関しては何を見れば良いのかというと、「自動車検査証」に載っているお名前の人がクルマの所有権者となるワケです。

今の愛車を買った時点で銀行などの自動車ローンを組まれた時には、この「自動車検査証」に書かれているお名前が自分のお名前となっている訳ですが、その分割払いを設定したのが信販会社であるケースだと名前が信販会社の名前になるはずです。クレジット会社で割賦契約を組む場合なぜこのような形で信販会社をオーナーとして登録しているのかと言いますと、その理由としては支払いが止まったときに、即そのおくるまを担保という形で確保するためです。

こうした事情により所有名義がクレジット会社となっている時にはそのおクルマを好き勝手に売る事は出来ません。何が何でも売りたいならまずは返済を全部完済するか割賦契約の組み替えをして名義を自分の名前に変更してから手放すことが必要です。とはいっても現実問題そういったことが可能なのがその時点で持っているキャッシュが豊富にある場合に限られます。であるならば、資産がないケースではどういった方法を取るのが望ましいでしょう。

こうした時には格付けをやってくれた車買い取り専門店にわけを話せば、使った自動車の買い取りの値段から残った支払い分を支払し、持ち主の欄をアナタの名義に変更していただくことが出来ます。手続きについても完全に買取ショップに任せることができますので問題ないです。